生産管理システムについて分かりやすく解説

生産管理とは?

生産管理とは、生産計画を立案し、管理統制する総合的な活動のこと。

 

製造メーカにおける経営活動では、販売・生産・財務が特に重要です。
販売・生産・財務の機能は、それぞれ個別のものでなく、相互に関連作用補完し、経営活動を営む必要があります。
めまぐるしく変化する経営環境の中、ますます複雑化、高度化しつつあり、常に変化に対応した活動を行う必要があります。

 

生産は、在庫の増減により、資金負担など財務に大きく影響します。
生産計画は、生産能力、販売計画、過剰在庫、品切れによる機会損失、納期遅れによる顧客満足の低下など、製造費用のコントロールや品質への影響などのあらゆる面で他の機能と絡んできます。

 

企業は、生産管理の機能、販売管理の機能、財務管理の機能、原価管理の機能と区分して検討されることが多いですが、総合的な管理で進めなければ企業は生き残れません。  
生産管理も大きく分けると、「計画」 「手配」 「進捗」の3つから成り立っています。

 

生産管理においては、マネジメントサイクルは重要です。
Plan⇒Do⇒Check⇒Action