生産管理システムについて分かりやすく解説

生産計画の流れ

1.在庫水準、生産率、労働力、設備能力を前提として
(1)見込生産では、需要予測情報
(2)受注生産では、受注情報、経営戦略情報 これをもとに生産計画を立てます。

 

2.必要な諸資源(人、物、金)
RRP(Resource Requirements Planning:資源所要量計画)

 

3.何を、何時までに、いくつ作るか?
MPS(Master Production Schedule:基準生産日程計画)

 

4.いつまでにどのくらいの資材を手配したらいいのか?
MRP(Material Requirements Planning:資材所要量計画)

 

5.作るのに必要な操業日数、作業者、残業時間などを、
CRP(Capacity Requirements Planning:能力所要量計画)

 

このような流れでチェックされていきます。