生産管理システムについて分かりやすく解説

生産計画について

製造メーカーでは、生産計画が非常に重要な役割を担います。

 

販売部門から、生産計画の基礎資料として、販売計画が提供されます。

 

生産管理は、販売計画を基礎として、生産を組立て生産計画を立案します。

 

財務部門は、販売計画、生産計画をもとに財務計画を作成します。よって、生産計画は単に生産部門だけの計画であってはなりません。
※財務会計システム

 

 

生産計画を遂行にあたって、さまざまな問題が発生し、調整が必要になります。

 

・生産計画にムリやムダが発生していないか
・製品機種での在庫の品切れ、過剰在庫のばらつき
・販売計画のくるいによる在庫の増減、それによる資金不足
・増産対応のための要員不足、外注管理 生産計画作成段階でのつめの甘さ、環境の変化など理由はいろいろある。

 

また、計画通りいくという場合が現実にあることは少ないこともいえます。

 

ただし、基本となる生産計画は重要であることは間違いないといえます。

 

生産計画の種類

生産計画は計画期間によって長期・中期・短期に区別されます。

 

また、計画の性質によって構造計画・活動計画に分けることもあります、

 

製造部門の立場から、大日程計画・中日程計画・小日程計画に分けることもあります。  中、長期計画は企業の戦略計画が中心になります。