生産管理システムについて分かりやすく解説

在庫管理とは

生産や販売で欠かせない要素の在庫管理は、コストの無駄を抑えて利益を高める、無視出来ないポイントの一つで、現代のビジネスで一般的に行われる手法です。
生ものを扱う現場は、在庫管理が重要な場所の一つですし、コンビニエンスストアでは特に重要です。
消費期限がある生ものは、売れ残りが店舗の売り上げに影響するので、不足しない範囲で仕入れる必要があります。

 

期限切れの商品を販売する事は、健康リスクを考えても行えませんし、余った商品の廃棄は免れませんが、不利益を考えると合理的で、無駄を減らすのが現実的です。
コンピュータが一般化した現代では、在庫管理は容易になりましたが、同時にミスが大量発注に繋がったり、誤発注で問題が発生します。

 

しかし、デメリットよりもメリットが大きい電子化は、場所や距離の問題がなくなったので、広範囲での情報共有が出来る様になり、大型のビジネス効率を大幅に引き上げる結果になっています。
多種多様な業種にメリットを与える在庫管理のIT化は、ビジネスのあり方を大きく変えたり、境界が曖昧になる現象が発生しています。

 

市販の医薬品を扱うドラッグストアは、管理にITを持ち込む事でビジネスを拡大し、取り扱う商品の種類は増えています。
日用品の品揃えが増えている事で、スーパーマーケットとの境界が不明瞭に変わり、これまでは競合しませんでしたが、現在は競争する相手に変化しています。

 

また、コンビニで医薬品が取り扱える事は、ドラッグストアと一部競合する状況に繋がり多様性が広がります。
在庫管理とは、商品の寿命を考えた仕入れや保管と、コストを削減する為に必要な無駄を減らす事で、コンピュータの普及が管理を容易にし、ビジネスに変化をもたらす要素です。
商品の仕入れである入り口と、販売の出口以外は、機械で簡単に把握出来る部分ですが、人の手による棚入れがありますし、返品の作業も含まれるので、全てを機械化するのは不可能です。

 

その為、入力や変更ミスは発生しますから、100%完全な把握は難しいですが、ミスを差し引いても管理の効率化は重要で、売れ行きの見込みに応じて在庫を調整し、無駄を減らせる効果が発揮されます。
今まで手作業だった管理は、コンピュータとモバイル端末の普及によって、少人数で膨大な数を取り扱う事に成功し、人件費の削減にも繋がっています。
生産工場の現場では、製造や検査も機械化が進んでいますし、無駄を徹底的に排除する事で利益率の改善を実現します。