生産管理システムについて分かりやすく解説

在庫削減を行うにはポイントを抑える必要があります。まず在庫の量を決めるために基準を考えましょう。そして計画を立てて実績とその進み具合を管理することによって立てた計画を修正していきます。また組織や部署同士の業務連携を作るようにあらかじめルールを作っておくことも重要です。

 

在庫の量を決めるために基準を作ることですが、在庫削減を考えなければいけない会社は、大半が業務を担当している人の経験やこれまでの勘、だいたいの量に頼って決めてきたのではないでしょうか。これはもちろん有効な手立てかもしれませんし熟練者の経験というのは役に立つかもしれません。

 

しかしときには予想は外れることもありますし、これまでの経験だけではこれからはやっていけないこともあります。きちんと根拠を持って予想をして計画を立てた上で在庫管理をしなければいけないのです。

 

誰が担当になっても管理することが出来るように、認識できる方法を使って基準をまずは考える必要があるでしょう。そして理想的な在庫の量の基準が決まったとしてもそれはあくまでも計画です。計画に対しての実績が伴わなければその数が妥当であるかどうかはわからないのです。ですから実績を伴うように実行してみて、状況がどのように変化するのか把握していきましょう。

 

IT基盤を整えたり管理するルールを決める必要があるでしょう。これがしっかりとしていなければ計画だけで終わってしまう可能性があるのです。プランの変更については大変なのでこれまで暗黙の了解で見ないふりをしてきた部署もあるかもしれませんが、それをしていると適正な在庫管理ができませんので、その都度プランを見直す必要もあるでしょう。そして誰もが実行できるようなルールを作ります。

 

部署ごとに情報を抱えるのではなくて部署ごとで共有化する必要があります。そして情報は種類ごとにわかりやすく分けておいて伝達する内容は、それぞれレベルを設定しておくと円滑です。

 

組織の間で力関係がある場合はそれを排除して、在削減を考える組織をそれぞれの部署で設けておくとさらに効果的です。必要な活動というのはひとつの部署だけが努力をしても何も始まりませんのですべての部署がいま在庫削減のためにどのように動いているのか、それを把握した上で具体的に実行できるような対策を立てる必要があるでしょう。

 

在庫マネジメントは計画を立て、その計画を実行し、そして実績を見た上で問題点があるかどうか探し、その後問題解決をするためにはどうすればいいのか考え、また実践をするということの繰り返しになります。